11月3日はビデオの日 おうちでエンタメ!

ビデオの日とは

「ビデオの日」とは?

1996年11月にDVDが発売されて2016年で20年。また、2006年11月にBlu-rayが発売されて2016年でちょうど10年。
それぞれの誕生日を記念して、「11月のお休みの日にはゆっくりおうちでビデオを見てほしい。」という気持ちを込め毎年祝日となっている11月3日を「ビデオの日」として制定しました。

一般社団法人 日本記念日協会 ▶

「ビデオの日」制定にあたって

ビデオソフト市場は2004年〜2005年をピークとして、約10年間減少傾向が続いております。
この状況を打破し、ビデオソフトのレンタル・セル(販売)市場を再活性化しつつ市場を新たなステージへと押し上げるため、ビデオソフトの楽しさ・魅力・エンタテイメントとしての価値をもう一度お客様に伝える、そのことを業界全体で発信していこうと考えました。
その発信のシンボルとなるものが「11月3日はビデオの日〜おうちでエンタメ!〜」であり、記念日として制定しました。 今後11月3日が、ビデオソフトのお祭りの日なんだということが、お客様に認知され定着していくよう、業界全体で盛り上げていきたいと思います。
ぜひ、皆さまも11月3日のお休みの日は、おうちでゆっくりとお好きなビデオを楽しんでいただけたらと思います。

「ビデオの日」実行委員会 委員長
一般社団法人 日本映像ソフト協会 会長
島谷能成

「ビデオの日」実行委員会 副委員長
日本コンパクトディスク・
ビデオレンタル商業組合 理事長
世良 與志雄

「ビデオの日」記念日制定イベントが開催されました!

 2016年11月1日、ビデオソフト業界において記念すべきイベントが開催されました。場所は、KADOKAWA富士見ビルにある「神楽座」。よく映画の試写会などで使われているようですが、今回の主役は「ビデオ」。今年初めて11月3日が「ビデオの日」に制定されたので、それを記念して報道向けにイベントが開催されました。

 当日は、大勢の報道陣が詰めかける中、「ビデオの日」実行委員会の島谷能成委員長(JVA会長)のご挨拶から始まり、「ビデオの日」の概要及び販売店様のキャンペーン情報を川合史郎委員(JVA理事)から、そしてレンタル店様のキャンペーン情報を梶喜代三郎委員(CDVJ副理事長)からそれぞれ説明しました。

この日は、「ビデオの日」実行委員会の各委員も登壇し、これから末永く盛り上げていくことを祈念して、全員で「11月3日はビデオの日!」と掛け声をあげました。

 その後、イベントのスペシャルゲストである中川翔子さんをお迎えし、本ホームページでも掲載されている「ビデオで観るべき100選」の選者のお一人、品田英雄さん(『日経エンタテインメント!』編集委員)とのトークショーで盛り上がりました。 イベントの最後には本日のイベントに応援で駆けつけてくれたゴジラ、貞子、デッドプール、黄金騎士ガロ 翔、ひつじのショーンと記念撮影でお開きとなりました。

イベント終了後、スペシャルゲストの中川翔子さんから「ビデオの日」応援メッセージとして色紙をいただきました。中川さん、ありがとうございました。